奈良のイベント「つどつど」

居場所プロジェクトについて

我が国ではいま急速に高齢化が進んでおり、このままでは介護保険制度は保険料ばかりが高くなり、サービスを必要としている要介護者を支えることができなくなってしまいます。介護保険制度を持続可能なものとするためにも、また誰もが安心して住み慣れた地域で老いを生きていける社会をつくるためにも、福祉の専門家だけでなく住民の一人ひとりが知恵を出し合い、支え合いの体制づくり(地域包括ケアの構築)に向け力を発揮する必要があります。

私たちは、これまで高齢者・障害者の福祉や地域づくりなどにたずさわってくるなかで、そうした問題意識を共有し、自分たちで実際に取り組もうと立ち上がった有志のグループです。