奈良のイベント「つどつど」

本日は、お日柄もよく (徳間文庫) 文庫

本日は、お日柄もよく (徳間文庫) 文庫

著者 原田マハ

内容紹介

OLが選挙のスピーチライターに! ? 言葉のもつ限りない可能性をハートフルに描いた青春小説。スピーチの極意もお教えします!

内容(「BOOK」データベースより)

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説。

著者について

1962年東京生まれ。早稲田大学卒。商社、森ビル森美術館開設室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、02年独立後キュレーターとして活躍。「カフーを待ちわびて」で第一回「日本ラブストーリー大賞」受賞。「楽園のカンヴァス」で第25回山本周五郎賞受賞。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

原田/マハ
1962年、東京生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。伊藤忠商事、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年独立後フリーランスのキュレーターとして活躍。05年、「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞。12年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

アマゾンより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です